女性でスノボ初心者だけどスキー場でリゾートバイト!

冬のリゾートバイトといったらやっぱりスノボでしょう。
雪山マジックで彼氏の1人や2人出来るかと意気込みつつ、新潟県まで行ってきました。はるばるですよ。

チケットの発売とか、リフトとか、スノボ用品スキー用品のレンタルとか色々とあったんですけど、スノボもスキーも詳しくないのでチケット販売にしておきました。

レジ打つくらいならと思ってたんですけど、平日はまだしもとにかく土日は忙しい!ずっとレジたたいてるし、初心者っぽい人の意味分からない質問とか多いし、けっこう大変だったかも。

大変だったところと言えばあとは、海外のお客さんの対応かな?英語しゃべれたら良いとこれほど思ったことはありませんでしたよ。

とはいえ、英語対応スタッフがいる場合もあるし、身振り手振りでなんとかなるから大丈夫でしたけどね。

良かったことはみんな若い子が多いし、ワイワイしてて楽しかったこと。友達同士で応募してくれる子も多かったけど、1人でも十分楽しめました。

スノボは初めてだったけど休みの時とかに一通り教えてもらえたりしたから、初心者コースを降りてこられるくらいにはなりました。

新潟だったから温泉に入れたのも良かったなぁ。ちなみに雪山マジック効果かわからないけど、良い感じになった男の人もいましたよ!付き合うまでは至らなかったけど、一冬の良い思い出になりました。

ビーチで水着着ての仕事も憧れたけど

タイトルそのままですけど、水着来てビーチで仕事も憧れてたけど、少しは就活とかも考えて旅館にしました。

ベランダからは砂浜、海とちゃんと見えるところだし、休みが取れれば、ビーチに行けるから全然満足。

イベント系の会社なんかも受けようと思っているからビーチのバイトも有りだったかもしれないけど、何だかちょっと軽く受け取られてしまうと折角の経験が勿体無いので、そうした次第。

旅館だと接客メインの仕事ではないけど、館内動くときなんかは作法をうるさく言われるし、とても勉強になる。それこそ、姿勢なんかも変わってちょっとはまともに見られるようになったのではないかと思います。

食事はまかないが出るし、住み込みで働けるので余計な出費もなく本来の目的であった貯金もばっちり。とはいえ、就活用のスーツなどに消えていく見込みなので残念ではあるが、賢明な判断をしたというで就活を頑張る。

食事代はお給料から引かれてしまうけど、リゾート地だとまわりのお店はかなり高額だし、食べに行くのも疲れるからこれでいいと思います。

年取ったらビーチで働けなかったことを後悔するかもしれないけど、少しでも将来を見据えると今回冒険出来なかった。

あとは、友達伝いに仕事紹介でビーチもあったけど、ちゃんとした求人募集を見て選んだのは変なトラブルなどの心配もなくてよかったと思ってる。

もしこれからビーチで働くことがあっても友達ではなくイベント会社とかに普通に連絡すると思う。お金もだけど、経験値もたまってくれたらいいなというのがリゾートバイトですね。

リゾートバイトな日々スタートしました。

大学生だからこそ学生の間にできる事をしたい。そう考えるのは普通の事です。アルバイトも学生の間にできる貴重な体験です。中でもリゾート地でのアルバイトはより貴重な経験となるはずです。

生れてからずっと沖縄で生活している、箱根で生活しているという方にはそういった願望は沸かないと思いますが、旅館やホテル、観光サービスでの就業経験は社会人になってからや就職活動でもひとつ自分の芯として生き続けていきます。

事ある毎に、他人と違う点やアピールポイントを求められます。これは就職活動が終わった後もずっと続きます。広い意味では個性という事になると思いますが、個性を伝えるのに経験は大切です。そして何より説得力が高いです。

住み込みや現地で部屋を借りることになるでしょうからほんの少しだけ思い切らないといけませんが、そこで待っている風景や経験は今この時しか得られないものですから、是非、情報収集して飛び込んでみると良いでしょう。